健康管理・健康相談(個人・企業)

個人向け健康管理の取り組み

予防の専門知識と実務経験を有する顧問ドクターが、これまでの病歴、現在の健康状況や生活環境を考慮し、未来の健康リスクを摘み取ります。 さらに、「ヘルス(健康)」だけでなく「ウェルネス(健康)」にも焦点を当て、充実した人生を送るためのサポート・コーチングを行っています。

企業向け健康管理の取り組み

企業活動において、社員の生産性は利益に直結します。「労働生産性」は「休業している状態(absenteeism)」と「出勤しているが労働遂行能力が低下している状態(presenteeism)」に大別され、最近では特に後者の労働損失が大きいという報告がなされています。最近は社員の健康問題・メンタルヘルス問題に積極的に取り組む企業とそうでない企業に二極化する傾向があります。積極的に取り組む企業は、人材流出が少ない、社員満足度が向上しさらに生産性が高まる、企業価値が向上するという成果が得られています。

当院では社員の健康管理に積極的に取り組む企業を全力でサポートします。健康管理ももちろんですが、出張往診・出張点滴やオンライン診療などを使って各企業様のご要望に柔軟に対応し、福利厚生としてもご活用いただけます。

» 産業医が贈る福利厚生(PDF: 7MB)

オンライン健康相談

「健康や食行動、栄養、ストレス…について相談したいけど相談できる人が身近にいない」や「病院やクリニックに行くほどでもない、けど聞いておきたいこと」でお悩みの患者さんと、「一人一人の患者さんにしっかり向き合いたい予防的視点を持った当院の看護師さん」をマッチング。いつでもどこでもオンラインで相談ができるシステムを構築しています。看護師で対応困難な場合は、すぐに当院医師が対応しますので安心。アドバイスだけでなく、ご自身にあった処方や健康指導を行うことができます。(1,500円/ 回)

健康管理+健康相談

血圧・血糖・歩数などの日々のデータや採血データをアプリで一括管理します。そのデータをもとに月に一回担当看護師からのフィードバックや健康相談を受けることができます。(5,000円/月)

顧問ドクター

予防の専門知識と実務経験を有する顧問ドクターがこれまでの病歴、現在の健康状況や生活環境を考慮し、未来の健康リスクを摘み取ります。「カラダが資本」の芸能人やアイドルの方も当院の顧問ドクターを利用しています。

顧問ドクターが選ばれる理由

効果的な健康管理を実現するためには、以下3点を克服する必要があります。

  • 病院に行くまでの予防・管理がおろそかになっている
  • たくさんの医療機関にかかっていて、病気の情報を一元的に管理できていない
  • 病歴を聴取して健康管理プランを考えるには診察時間が短すぎる

当院の顧問ドクターはこれらを克服し、効果的な健康管理を可能としました。

当院が選ばれる3つの理由

  • 患者さんの健康管理を、従来の「病院目線」ではなく「患者さん目線」で徹底的に取り組みます。
  • 医学・病気に関する専門知識はもちろんですが、より広範囲にわたる医療分野・予防のトレーニングを受け、広い視野と専門知識を獲得した医師だからこそできる、効果的な健康管理を行います。
  • 全国に幅広い専門医ネットワークを有するのも当院の強みです。健康相談には専門医の意見を反映させることができますし、いざという時の対応や受診がスムーズに行うことができます。

顧問ドクターだからできること

  • 医療データの一括管理
  • 詳細な病歴要約の作成・管理
  • 健康管理、健康リスク管理(病院目線」ではなく「患者さん目線」で徹底的に取り組みます)
  • 日々の健康相談(15分程度)
  • 予防・未病・ライフスタイルの専門家だからできる充実した人生を送るためのサポート・コーチング
  • 専門医のご紹介(全国に専門医ネットワーク)
  • 必要であればDr. to Dr.で対応
  • 海外医療機関のご紹介

出張点滴

当院の点滴をご希望の場所で行うことができます。詳細はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

従業員の健康管理・福利厚生

  • ヘルススクリーニング:通常の採血項目に加えて、栄養や酸化ストレス、慢性炎症などを検査することができます。腸内細菌や認知症検査、遺伝子検査も行うことができます。
  • ウェルネスプログラム:健康状態の改善・生産性向上・コスト削減)につながります。禁煙・糖尿病管理・ ダイエットなどご要望に合わせたプログラムを作成します。
  • ヘルスレポート:年に一回、従業員のヘルスレポートを作成します。従業員個々人がいつでもどこでも見ることができ、かつ、社員全体の健康分分布表では、誰が最も医学的サポートを要しているか一目でわかります。

認知行動療法

認知行動療法とは心をつらくするような考え方、モノの見方(認知)を変える治療法です。日本では一般的にうつ病や不安障害などの心の病気を治療するものと考えられていますが、欧米では健全なメンタルヘルスを保つための病気予防の「武器」として多くの企業に取り込まれています。認知行動療法は以下のような理由から広く取り入れられています。

  • 辛い感情を軽くしたい全ての人に役立つ治療法
  • 病気の一歩手前の辛い感情も変えられる
  • 働く人のストレス管理にも活用でき、メンタルヘルスの向上につながる
  • エグゼクティブ機能といわれる注意決定機能や認知的柔軟性が鍛えられるため、生産性の向上が期待できる

当院の予防に特化した認知行動療法では、「非適応的な自動思考」を「適応的な自動思考」に変えることを15-30回のセッションで可能とします。ストレスの多い社会ではありますが、問題点から距離を取ることで上手にストレスコーピング(ストレスへの対処)できるようになると、自分の感情・行動をコントロールしやすくなり、ストレスコーピングにとどまらず生産性向上・生活習慣病予防も可能になります。

JPY10,000 / 40分

マインドフルネス瞑想

マインドフルネス瞑想法は「認知行動療法」の一つで、最も古典的な第一世代の「行動療法」、第二世代の「認知療法」に続く第三世代の認知行動療法として注目されています。この認知行動療法は、実証研究を背景としており、高い効果が実証されています。

事実、瞑想は、集中力を高める、自己コントロール力をあげる、ストレスコーピング力をあげる、などの効果から多くの企業や臨床現場で使われています。ニューヨークのウォール街で瞑想が大流行していたり、グーグルやヤフーなど社員研修・福利厚生で使われているのは有名です。

瞑想によって、うつ病の再発予防や全般性不安障害、摂食障害などの心身症に効果があるだけではなく、生活習慣病の予防にも有効であると考えられています。さらに、人間の認知機能にも瞑想が影響を与えることが示されています。例えば、ワーキングメモリー(短期記憶)の容量や注意の持続機能の向上、集中力、認知的柔軟性(問題の新しい捉え方)に影響を与えることが知られています。また、肩こり・腰痛やがん性疼痛などの痛みを和らげたり、コントロールするために瞑想を勧める医師が欧米では増加しています。

グループ/個人
JPY 5,000 / 1時間

 

一般内科診療・アレルギー疾患・アンチエイジング・予防医療・健康管理に関するご相談、お悩みがございましたらお気軽にお問い合わせください。

  • かぜ、頭痛、腹痛、めまいなどの内科疾患
  • 花粉症や蕁麻疹を含むアレルギー疾患
  • 高血圧・糖尿病・脂質代謝異常などの生活習慣病
  • 最近肌の老化が気になる
  • 体力が著しく落ちてきて心配
  • 健康に気遣い効果的に運動をしたい
  • 認知症の症状が気になる
  • 社員の健康管理が気になる

フォームからのお問い合わせ・予約

予約専用ダイヤル

03-6831-4558 予約電話受付時間: 平日10時~18時
(診療時間と異なりますのでご注意ください)
夜間・土日・祝日のお問い合わせ 03-6823-1409

現金、クレジットカード、PayPalによるお支払いが可能です。

  • VISA
  • mastercard
  • AMEX
  • diners
  • JCB
  • paypal

*保険診療:スムーズに御受診いただくために予約患者様を優先して診療させていただきます。
*自由診療:患者様一人一人に十分な診療時間を確保し、快適に過ごしていただくため、完全予約制で診療を行っております。

月曜日
18:00 ~ 21:00
火曜日
18:00 ~ 21:00
水曜日
18:00 ~ 22:00
木曜日
09:00 ~ 22:00
金曜日
18:00 ~ 22:00
土曜日
09:00 ~ 21:00
日曜日
09:00 ~ 21:00