30代後半になってやたらと脚がむくむようになりました。夕方になると、足の甲がぱんぱんにふくれ、足首もむっちりしてしまうんです。このまま、どんどん脚が太くなっていくような気がして怖いです。どうしたらいいですか?

働く30代、40代のプチ不調の改善法や、簡単に取り入れられるハッピーエイジングのための生活習慣を、予防医学のプロに伺う本連載。第4回は足のむくみについて。夕方になると足がパンパンに張って痛い、足首がおののくくらい太くなる……という悩みをもつ働く女性は多いです。足のむくみ解消グッズなども市販されていますが、速攻解消するにはどうすればいいでしょうか。足のむくみの原因と対処法について、アメリカの最先端予防医療に詳しい虎の門中村康宏クリニックの院長、中村康宏さんに教えていただきます。

質問:「30代後半になってやたらと脚がむくむようになりました。夕方になると、足の甲がぱんぱんにふくれ、足首もむっちりしてしまうんです。このまま、どんどん脚が太くなっていくような気がして怖いです。どうしたらいいですか?」(35歳・営業)

足のむくみの原因とは

足の浮腫(ふしゅ)、いわゆるむくみについて、西洋医学的に説明しましょう。

筋肉には血液やリンパ液を送り出すポンプのような働きがあります。そして、加齢に伴う下肢の筋力低下や、立ちっぱなし・座りっぱなしなどで足の筋肉を動かしていないと、血液や水分などが足に溜まってしまい、むくみが生じます。

いちばんの心配は、足のむくみの原因が病気かもしれないということ。これには内科的と外科的な原因のふたつが考えられます。

内科的原因には肝臓、腎臓、心臓の病気・機能が落ちるとむくみが発生します。一方、外科的な原因としては、静脈の逆流性病変や閉塞性病変による「静脈高血圧」や「静脈血栓」に起因する事があります。心当たりがある人は、まず一度検査してみるといいでしょう。

これらの病的な場合を除いて、日常的なむくみは上で紹介したように、「心臓へ血液や水分を返すポンプ力の低下」ということができるでしょう。対策として以下の3つのアプローチがあります。

日常的なむくみ対策の3つのアプローチ

日常的なむくみの原因は、「心臓へ血液や水分を返すポンプ力の低下」です。これを改善するには、“ポンプ力”を上げることが重要となります。

 1)ポンプを外からサポートする

入浴や弾性ストッキングなど外から圧をかけることで、溜まった水が心臓へ返りやすくなります。また、足を挙げて寝る、マッサージ、足首の運動などもいいでしょう。

2 ポンプの能力を上げる

足の筋肉をつけましょう。別項で解説の通り、現代人は年齢とともに右肩下がりで足の筋肉が落ちます。意識して歩く、走る、ストレッチするなど筋肉を動かすようにしましょう。

3)ポンプの効率を上げる

自律神経は、血管の太さを調整する役割があります。ストレスなどで交感神経優位の状態となると、血管が収縮し、血行が悪くなります。反対にリラックスして副交感神経優位の状態になると、血管が拡張して血行が良くなるのです。血行を良くするためには、血行と密接に関係している自律神経を整えることを考えましょう。

水を抜く治療薬として利尿剤があります。一般的な薬でどこのクリニックでも手に入れる事ができますが、常用すると水のバランスが崩れたり腎臓を悪くする事がありますので、安易に使うのではなく、しっかり長期間診てもらえる先生に相談しましょう。

東洋医学的な足のむくみのアプローチは?

東洋医学的な足のむくみと対策をみていきましょう。

むくみの代表的な証は「水滞」「血虚」です。

血虚とは、血が足りないということ。血が足りないと、カラダに栄養がまわりません。東洋医学では、本来、血で満たされるところに水が入って、それが溜め込まれると、水滞になると考えられます。

さらに、血の巡りが悪くなる事でカラダが冷え、さらに水分代謝が低下してむくみが増悪する悪循環に陥るというわけです。夕方になると足がむくむ(押したら凹む、靴下のゴム跡が残るなど)、気分が落ち込みやすい、低気圧の日に体調を崩しやすい、などの人は「水滞」体質であると言えます。

東洋医学的足のむくみ対策は温活!

上記の症状がある水滞体質の人の対策として、重要なのが「カラダを冷やさないこと」です。カラダを温める食べ物である根菜類(ゴボウ、ニンジン、レンコン、カボチャ、生姜、山芋など)やネギ類、果物(リンゴなど)、発酵食品を積極的にとるようにしましょう。逆に、ゴーヤやキュウリ、甘いものなどはカラダを冷やすものもあるので、控えた方が良いでしょう。

運動はカラダを温めますが、冬は「蔵」する(活動を避け、蓄える)季節とされています。そのため、水滞体質の人は、汗をたくさんかくような活発な活動によるエネルギー消耗を避けることも必要です。エネルギーや気を蓄えることを第一にゆっくり過ごすように心がけながら、体を温めることを目的に、ストレッチや軽いウォーキングなどを取り入れるといいでしょう。

また、水分循環を改善する生薬もオススメです。該当するのは、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や五苓散(ごれいさん)です。これらをライフスタイルに取り入れることも考えてみてください。

関連記事

  1. 万病の元「慢性炎症」が加齢によって起きやすくなる3つの理由【…

  2. “正月太り”はウソ!?そもそも太りやすい人の行動と注意すべき…

  3. 医師が勧める老化に抗う7つの「アンチAGE(エージーイー)食…

  4. 肩こりが辛い…このまま“四十肩”になっちゃうの?アラフォーの…

  5. なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

  6. サプリメントを飲むなら心がけるべき5つの事【予防医療の最前線…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

一般内科診療・アレルギー疾患・アンチエイジング・予防医療・健康管理に関するご相談、お悩みがございましたらお気軽にお問い合わせください。

  • かぜ、頭痛、腹痛、めまいなどの内科疾患
  • 花粉症や蕁麻疹を含むアレルギー疾患
  • 高血圧・糖尿病・脂質代謝異常などの生活習慣病
  • 最近肌の老化が気になる
  • 体力が著しく落ちてきて心配
  • 健康に気遣い効果的に運動をしたい
  • 認知症の症状が気になる
  • 社員の健康管理が気になる

フォームからのお問い合わせ・予約

予約専用ダイヤル

03-6831-4558 予約電話受付時間: 平日10時~18時
(診療時間と異なりますのでご注意ください)
夜間・土日・祝日のお問い合わせ 03-6823-1409

現金、クレジットカード、PayPalによるお支払いが可能です。

  • VISA
  • mastercard
  • AMEX
  • diners
  • JCB
  • paypal

*保険診療:スムーズに御受診いただくために予約患者様を優先して診療させていただきます。
*自由診療:患者様一人一人に十分な診療時間を確保し、快適に過ごしていただくため、完全予約制で診療を行っております。

月曜日
18:00 ~ 21:00
火曜日
18:00 ~ 21:00
水曜日
18:00 ~ 21:00
木曜日
09:00 ~ 21:00
金曜日
18:00 ~ 21:00
土曜日
09:00 ~ 21:00
日曜日
09:00 ~ 21:00