病院では異常なしといわれたけれど、急性胃腸炎で胃痛と下痢が続くというプチ不調…治す方法を予防医学のプロに聞く!

働く30代、40代のプチ不調の改善法や、簡単に取り入れられるハッピーエイジングのための生活習慣を、予防医学のプロに伺います。第2回は急性胃腸炎について。冷えやストレスなどで急にお腹に激痛が走ったり、外出もままならない下痢になったりする女性は少なくなりません。お腹の調子が悪いと一気に気分もダウンしています。病院で異常なしと言われた場合、痛み止めなどを用いて対処するしかないのでしょうか。アメリカの最先端予防医療に詳しい虎の門中村康宏クリニックの院長、中村康宏さんに教えていただきます。
質問:「常に腰冷えしていて、吐き気がでたり、胃痛と下痢を起こすこともたびたびです。病院では、特に異常はなしといわれたのですが治す方法はありませんか」(37歳・営業事務)

 

プチ不調は東洋医学的アプローチが有効

これは東洋医学的アプローチが有効と思われます。「病院で臓器の異常がないと言われたが、症状としては異常がある」という場合、臓器別アプローチである西洋医学の限界を超えていると言えます。このようなことはプチ不調の典型ではないでしょうか。体内のバランスを分析し、バランスを整えることを意識するといいでしょう。

東洋医学と西洋医学は、一人の人間の持つ病気を診断し治療するにも関わらず、それぞれ別の方向性から対応する、性格の異なる医療体系です。簡単に説明すると、西洋医学は「異常値から病気を診断し画一的な医療を行なう」もの。心と体は別物という考え方(心身二元論)で、例として病院での検査や高血圧の薬などが挙げらます。一方、東洋医学は「病」そのものを総合的に解析して個別的な治療を施すもの(心身一元論)。例えば、漢方や鍼治療、太極拳などが挙げられます。

臨床現場では「どんな検査をしても異常がなく、明らかな病気があるわけではないが健康でもない」という状況や、「ガンがあっても信じられないくらい長生きする人」など、西洋医学で説明がつかないことにしばしば遭遇します。これらに対し、東洋医学は、総合的に病態、患者状態、抵抗力を分析し、治療効果を発揮することがあります。

東洋医学的アプローチとは

東洋医学は「病」ではなく、患者さんの病態と体質を診断してそれに応じたアプローチを行ないます。

「気・血・水」は、不調の原因を探るための視点で、これら3つの要素が体内をうまく巡ることによって、健康が維持されると考えられています。一方で、これらが不足したり、滞ったり、偏ったりしたときに、不調や病気、障害が起きてくると考えられています。

例えば、一言に「疲れた」と言っても、無気力や疲労感・だるさ・食欲不振などは「気虚」、頭が重い・のどが詰まった感じがする・息しい・おなかが張るなどは「気滞」、むくみ、めまい、頭痛などは「水毒」に分類され、それらによってアプローチも異なります。

東洋医学アプローチとは、漢方だけでなく、生活習慣のアドバイスをもらえることもあります。例えば、人参や大棗(ナツメの実)といった生薬は弱った胃腸の機能を回復させ気を補う作用があります。「気虚」には人参や黄耆(おうぎ)の入った漢方薬、例えば補中益気湯(ほちゅうえっきとう)を用いたり、ナツメや人参を用いたサムゲタンなどの食事を取ることが治療や食養生となります。

胃腸が弱く疲れやすいタイプは「脾虚」

さて、今回の場合の症状・体質は、先ほどの「気・血・水」に加えて、五臓(肝・心・脾・肺・腎)などの状態で判断すると、「脾虚(ひきょ)」にあたると考えられます。

脾虚は、胃腸が弱く疲れやすいタイプで、消化機能ばかりではなく、気・血・水を生成する役割を持つ「脾」の機能が低下している体質です。食事は身体に必要な「気」「血」「水」のもとになります。しかし、「脾」が弱っていると、これらを取り込めません。典型的な症状は、食欲が出ない、食後におなかが張る、泥のような便、軟らかい便、下痢しやすい、などが挙げられます。

胃腸の機能を高めて余分な湿邪を取り除く六君子湯

対策として、食事をきちんと摂ることが大切ですが、消化・吸収力が弱いので、ゆっくりよく噛んで食べるように心がけましょう。食事を抜いたり、ダイエットをするのは禁物です。食養生としてオススメなのは、長いも、ヤマトイモ、自然薯などのヤマイモ類は気を補い胃腸の活性化に役立ちます。

逆に、避けるべき食べ物として、冷たいもの、生もの、脂っこいもの、チョコレートやケーキなどの甘いもの、唐辛子などの刺激の強いものが挙げられます。お薬として主に「脾」を元気づけてあげるものを使います。代表的な処方は六君子湯(りっくんしとう)です。胃腸の機能を高めて余分な湿邪を取り除く処方です。便がさらにゆるく、ときに水様便も出るような体質の人には参苓白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)が効果的です。

関連記事

  1. 万病の元「慢性炎症」が加齢によって起きやすくなる3つの理由【…

  2. 健康長寿の最大の敵「寝たきり」はどうすれば防げるのか【予防医…

  3. 「体内時計」は3種類ある|行動を定着させることが健康・長寿の…

  4. 美容サプリの真実!効果を最大限に引き出す方法って?

  5. がん治療の選択肢「代替療法」いったい何が問題なのか?

  6. 死を回避せよ!すべての年代別死亡理由とその対処法を医師が解説…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

一般内科診療・アレルギー疾患・アンチエイジング・予防医療・健康管理に関するご相談、お悩みがございましたらお気軽にお問い合わせください。

  • かぜ、頭痛、腹痛、めまいなどの内科疾患
  • 花粉症や蕁麻疹を含むアレルギー疾患
  • 高血圧・糖尿病・脂質代謝異常などの生活習慣病
  • 最近肌の老化が気になる
  • 体力が著しく落ちてきて心配
  • 健康に気遣い効果的に運動をしたい
  • 認知症の症状が気になる
  • 社員の健康管理が気になる

フォームからのお問い合わせ・予約

予約専用ダイヤル

03-6831-4558 予約電話受付時間: 平日10時~18時
(診療時間と異なりますのでご注意ください)
夜間・土日・祝日のお問い合わせ 03-6823-1409

現金、クレジットカード、PayPalによるお支払いが可能です。

  • VISA
  • mastercard
  • AMEX
  • diners
  • JCB
  • paypal

*保険診療:スムーズに御受診いただくために予約患者様を優先して診療させていただきます。
*自由診療:患者様一人一人に十分な診療時間を確保し、快適に過ごしていただくため、完全予約制で診療を行っております。

月曜日
18:00 ~ 21:00
火曜日
18:00 ~ 21:00
水曜日
18:00 ~ 21:00
木曜日
09:00 ~ 21:00
金曜日
18:00 ~ 21:00
土曜日
09:00 ~ 21:00
日曜日
09:00 ~ 21:00